Bio

Born and raised in Japan, Ria Ama is an artist with a background in traditional Japanese sumi painting. Her work focuses on experiencing the “moment” of creation and expression.  Its simplicity attempts to leave space for the viewer to inhabit the piece, and to sympathize with the figures or characters depicted. Her work translates a personal, introspective moment into a visual metaphor.

Ria holds a BFA in Textile Design from Parsons School of Design, and received her MFA from the USC School of Cinematic Arts, Division of Animation & Digital Arts in 2009.  She has experience in directing numerous CD/Record designs in Tokyo. She has worked as an animator on the Sprint flashlight advertising campaign in 2007, and she has directed and animated a film entitled “Great Gate of Kiev” of “Pictures at an Exhibition” for the Grammy award winning conductor Michael Tilson Thomas and the New World Symphony in 2011.  Her experimental films have been screened internationally at numerous festivals and received various awards and nominations including “The Best of The Worlds” program in the Hiroshima International Animation Film festival.
Ria currently resides in Los Angeles.
 
 

ロサンゼルス在住の神戸出身ビジュアルアーティス ト。
墨絵から大きな 影響を受け、制作と表現との間で起こる「刹那」を体現することを大切にしている。
我真は作品制作に おいて無駄 を省いていく過程を繰り返 し、またその作品は観る人々がその中へ溶け込み共鳴できるものとなっており、内観視した瞬間を視覚的比喩で表現しているのが特徴的である。
ニュー ヨー ク、パーソンズ大学卒業後、東京でCDジャケットのグラフィックデザインディレクターを務め2006年に再渡米。2009年南カリフォルニア大学院 映画学部 アニメーション・デジタルアート学科を卒業。 

2007年、アニメーター兼タレントとして参加した米大手通信会社スプリント(sprint)全米 キャンペーンコマーシャルが、全米で話題を呼ぶ。 2009年、短編 映画「無」が学生アカデミー賞アメリカ西地区決戦へ進出。また、第13回広島国際アニメーションフェ スティバル(世界4大アニメーションフェスティバルのひとつ国際アニメーションフィ ルム協会(ASIFA)公認)で「ベスト・オブ・ ザ・ワールド」プログラムに入選するなど、我真が手がけてきた数々のアニメーションは世界中の映画祭に多数入選、ノミネート、金賞を受賞している。

数々のグラミー賞受賞者マイケル・ティルソン・トーマスのニューワールドシンフォ二一 コンサートのオープニングでは、「展覧会の絵」の「キエフの大門」部の映像監督を務め、2012年から現在にかけてレバノン、サウジアラビア、香港、ドーハ、ロサンゼルスにて、プロジェクションや建築と統合された大規模のビデオアートに取り組んでいる。